釣行日

2010/07/18

フィールド

大島回り

南伊豆 手石港 忠兵衛丸

天候・波

朝は大雨・・・ポイント到着後は暑い一日でした。

ターゲット

マグロ・キハダ・マメジ・キメジ・カツオ

メンバー

Tsurutaさん・じょうじ・石田さん・菊ちゃん・masa君・池田君・桜井・管理人

小潮 満潮09:20 潮位126cm


 今回は数週間前に行った最近話題になっている伊豆マグロキャスティングへリベンジしに行ってきました。
 天候にも恵まれ前日の釣果もそこそこでかなり期待十分の中、多少船のトラブルはあったものの無事出船。
 ポイントへ到着すると鳥がちらほらと前回のような状況でナブラ探しをしていると、以外に早めに見つけたのですが船が近づくと沈む・・・まぁパターンと言えばパターンなのでとりあえずキャストをし、魚の気配がなくなればまた次のナブラへ・・・
 そんな事を繰り返し幾つ目かのナブラも同じように魚が沈んだあとも少しだけ流している時にその瞬間はやってきました!!!

 トモの右側をたまたま振り返ったとき水面に噴水のような水流が出来、そしてその数秒後・・・・・・桜井のロッドが絞り込まれてました。 ***ヾ(≧∇≦)ノ"***キター!!!
 かなりの省略ですがファイトタイム約40分、4人で交代して見事ランディング!!!
 なんと初のクロマグロが42kgでした。

 写真は結構写したのですが、ここには載せきれないので近々ギャラリーの方にでも掲載します。
 ヒットルアーはSOLUSのHIBIKI200-115gだったのですが、まぁ言うまでも無くこのあとは持っている人全員同じルアーになってましたけど!w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))w!!
 当然船上は盛り上がりキャストする腕にも力が入るのですが、ナブラはそれに反応してくれず・・・といった感じ・・・

 そしてしばらくはナブラを追いかけたり、探してみたりを繰り返しているとルアーの回収よりロッドがしなっている人が!!!
 なんと叉長約120cm(画像上で計測)ほどのシイラを秒殺でキャッチ!!!
 来月のシイラ大会は優勝だ!なんて冗談を言ってましたが、さすがツナロッドと言う一面を見ることが出来る1尾でした。
 さすが石田さん必ず魚を掛けてます!!!
 あっという間でしたがその後もナブラ探しは続けるのですが・・・

 この日はジャパンインターナショナルビルフィッシュトーナメントが行われていたらしいのですが、なぜか同じ海域に・・・
 本来なら少し違うらしいのですが魚いなかったらしいです・・・

 前日乗っていたメンバーの話では船が多いせいかナブラが少ないとの事・・・でも少ないながらもあることはあるので頑張ってキャストを繰り返していると、なにやら食い気のあるナブラを発見!!!
 左側のオオドモで私のルアーに見事ヒット!
 運がいい事は重なるもので写真のようにパックリ口にハマリました(^^)v
 口を閉じられなかったらしくファイトタイムは10分程で28kgのキハダキャッチですv(≧∇≦)v♪

 私にとってはこんな大きな魚は釣ったことが無いのでヘロヘロになってしまいしばらくは休憩状態・・・
 このあとはしばらくナブラも出なくなってしまい船上もマッタリムード・・・
 魚が深い位置にはいるらしくちょっとした誘い出しをやったり、ジギングをやったりとかなり力が抜けてしまい、時間だけが過ぎ鳥を探すのさえちょっと手抜き状態。
 そんな中菊ちゃんが「ちゃんと見てないと!!!」と遠くのほうで鳥が騒いでいるのを発見!!!

 急行したのですがやはり船が近づくと沈んでしまうのですが、魚が近くにいるのか近くでたまに鳥山が立つ状態になり少し船上も盛り上がり始めてはいたのですが、なかなか口を使う群れに当たらずと言った感じで苦戦状態は変わらず。
 そしてまたも時間が過ぎかなり諦めムードの沖上がり5分程前、この日の最大のドラマが待ってました!!!大〜〜〜ぃラッキーチャァ〜〜〜ンス!!!とばかりに
 私と入れ替わって左のオオドモに入っていたTsurutaさんに待望のヒット。
 船長もかなりいいナブラだったせいか「みんな投げたほうがいいよ!」とみんなのサポートしてくれていたTsurutaさんを前にやってとりあえずキャストを続け、ナブラが収まりかけたので前に行こうかと思った矢先・・・痛恨のフックオフ。
 沖上がり2分前のヒットだったので残念な事にタイムアップ・・・帰港となりました。
 かなり悔しがってましたp(>_<)q

クロマグロタックルデータ
 Rod:ZENITH 零式 Castism TUNA(限定バージョン)
 Reel:SHIMANO STELLA SW 18000HG
 Lure:SOULS HIBIKI200-115g(グリーン)
 Line:GALIS CASTMAN(SecondVersion)WX8PE #8
 Leader:VARIVAS NYLON 200lb

キハダマグロタックルデータ
 Rod:ZENAQ FOKEET TUNA83-4
 Reel:DAIWA ソルティガ-Z 6500EXP
 Lure:KZワークス・シュリガーラ75(サンマ)詳しくはココをクリック!!!
 Line:GALIS ULTRA JIGMAN #5
 Leader:FISHERMAN SUPER STEALTH 170lb


釣  果

 桜井:クロマグロ1尾(ワタ抜き後36kg推測42kg)
 石田さん:シイラ1尾
 管理人:キハダマグロ1尾(ワタ抜き後24kg推測28kg)


勝手な感想

 前回のリベンジがこんなに早く果たせるなんて・・・
 と運の塊のような状況でマグロをキャッチすることが出来ました!
 まぁ私はキハダなのですが・・・┐( ̄ヘ ̄)┌
 今回はいろいろな人のおかげでキャッチ出来ました!みなさん本当にありがとうございます。
 魚を掛けて取り込むまで本当にいろいろな事をしなければいけない事が少しわかったような気がしました。
 特に今回感じたことは、相手にしている魚は本当にすごい魚だと言う事、細いラインとかライトなロッドなどで挑むのは無謀だという事をすごく感じました。
 私が言うのはおこがましいかも知れないのですが、これから挑む方は是非それなりのタックルとそれなりの体力を身に着けてからの方が言いと思います。
 最初に桜井の魚を途中変わったのですが、5分程度しか持ちませんでした・・・自分にかかったらと考えると怖いことだと思います。
 今後は少し走りこみでもしないと!!!
 とにかく今回参加のみなさんありがとうございましたそしてお疲れ様でした。