釣行日

2009/07/26

フィールド

東京湾

川崎 つり幸

天候・波

朝は結構風が強く心配したのですが、釣り始めたらそうでもなく後半は凪いでくらいでした。

ターゲット

タチウオ

メンバー

じょうじ・管理人。

中潮 満潮07時34分 潮位186cm


 今回の釣行は前日に久しぶりにじょうじから電話が来て「1人じゃ淋しいからタチウオ行こ!」と誘われ、シイラを葉山のまさみ丸で予定していたのですが、前日tomoさんに状況を聞いたら良くなかったのでタチウオ釣行に決定しました。

 3日ほど前から好調が続いていたので大盛況らしく、出船ちょっと前に2艘出しになり私たちはエサ釣り船のオオドモに陣取ることに・・・
 私の家から一番近い船宿なのですが、今回が始めての乗船でいろいろとわからない事だらけなのですが、すごくしっかりしていて、来た順番どおり座席選択をさせてくれました。
 まぁ当たり前と言えばそうなのですが、意外に重要でしかも気持ち的に違うので、気分良く釣行に挑めました(^^)

 ポイントまでは約1時間なのですが、ポイントへ近づくと少しだけは船団が出来始めてはいたのですが、まだ完全には固まらず・・・反応を探しながら釣行開始になりました。
 最初は何もパターンがわからないのでじょうじが普通のシャクリをしていたので私は早巻きにしてみることに。
 すると私に最初のバイトがあったのですが、水面でバラシ・・・
 このヒットがこの日のピークだったかも・・・

 一応じょうじに早巻きであたったことを伝え、じょうじもヒットしている様子・・・
 移動を繰り返してはポツリ×2とじょうじにはバイトがあるのですが、前回同様またも!?私にはバイトがありません・・・
 チップ程度はあるもののバイトがない時間が4時間半ほど・・・
 さすがに凹んでしまい不貞寝を始めてしまいました・・・ZZZzzz...

 その間にじょうじは結構キャッチしている様子なのですが私は1尾・・・
 さすがに原因が見つけられずにいたのですが、一瞬頭をよぎったのがどこかの釣船で「リーダーが太い人やワイヤーを使っている人は当たらなかった。」と言うのを思い出し、口糸を付けていたのでそれをカット。
 すると今までが嘘のように3連発でバイトがあり、そこから1時間くらいで5尾を追加、でもこの時点でじょうじの3分の1くらい・・・

 そして最後に大きく移動するとの事なので、高切れしたリーダーを結び直しラスト1時間にかけ、回りを見回しながらパターン探しから・・・
 自分の中でひとつの答えが出始め試してみると・・・即バイト!!!
 たまたまかと思いながらも立て続けに5連発ほど続き、確信が持てたので繰り返しているとそのまま結果は12連発と、午前中が嘘の様な釣果を得ることが出来ました。

 中乗りの人にも「1人で釣ってるねぇ〜」とか船長さんからも「午前中もその調子で釣ってくれれば良かったのに〜」とか、隣のエサ釣りのオジサンからも「面白そうだねぇ〜」といろいろと声をかけてもらいました。
 結果としてはじょうじに及ばずでしたが、自分なりの釣りをして獲れた魚なので非常に満足のいく釣行になりました。


釣  果

 じょうじ:20尾 他にサバ少々
 私:18尾


勝手な感想

 前回のタチウオジギングとは違い、釣りが出来た分その日のうちに改善するところを発見出来非常に満足です。
 前回ピンクホロのブランカが非常にバイトが多かったのですが、今回も同じでピンクホロ・ムラサキホロが良くヒットしてました。
 私は相変わらず自作ジグなのですが、今回のあたりカラーはやはり赤金と紫金が良く、最後の12連荘は紫金でした。
 パターンはその都度違うので参考にはならないと思いますが、早巻きのストップを繰り返しました。
 とにかく前回と今回の前半で問題となったのは、私の中ではリーダーの太さだと思うので、次回また行った際には最初から頑張りたいと思います。