釣行日

2008/11/30

フィールド

東京湾

プレジャー

天候・波

風が収まっている間だけのつもりが、帰りは強風でした。

ターゲット

シーバス

メンバー

鶴蔵さん・池田君・トモさん・桜井・管理人。

中潮 干潮12:27 潮位118cm


 今回はもともとかわはぎ釣行の予定だったのですが、相模湾は風向きが悪く出船中止・・・。
 急遽ボートでシーバス釣行に変更になりました。
 ここのところの状況はまったく把握していない上、風にあわせての出船なので魚がどの辺りに居るかさえわからない状況の中、桟橋でモタモタしていると運良くがまかつフィールドテスターの反町さんが通りかかり鶴蔵さんが「どの辺がいいですかねぇ〜?」と声を掛けると「厳しいよ!!!」と残念な回答・・・そんな中出船しました。

 とりあえず沖側を探ってみたかったのでそのまま河口へ向かい、シャロー付近の底には反応が出ていたので期待してまっていると何とかブレード系に1バイトあったのですがバラシ・・・
 その後は何も無く反対側のスリットへ向かい探るもノーバイト・・・
 そして向かい側へ行きみんなでジギングをすると初めての桜井にかわいいシーバスがヒット!もしかしたら写真が写せないかも・・・と思ったのでとりあえず撮影。

 この後すぐにトモさんに超大物を思わせるヒットがあったのですが、どうやらエイでは?!と言いながらも姿が見れないままブレイク・・・
 バイトも反応もないので反町さんからアドバイスを頂いたNKバースへ・・・探り始めると程なく池田君にヒット!
 ボートではあまりやらないシーバスをゲットしてました
 ^^vこんな感じで東京湾のシーバスを解除してました。

 でも残念な事にあがってくるのはこんなサイズばかり・・・しかも適度に当たるのであればまだしもポツリポツリでパッとしない状況・・・
 しまいには魚が小さすぎてシルエットの小さいジグにしか反応しないので仕方なくエサ釣りを・・・?!

 そしてこれがまたまったくと言っていい程にエサ釣りでも反応が無くみんなの気持ちを代弁しつつ右上の写真にして見ましたp(>_<)q
 ここら辺から風が吹き始めたので桟橋方面へ戻りつつ魚を探す事にした途端沖面で鳥山が発生!!!
 急行してキャストはしたのですがルアーにはまったく反応なし・・・?!
 でも魚探にはそれなりの反応がびっしり出ているので少し探ってもらうも結果ノーバイト。

 しばらくやっては見たものの諦め、魚を獲れたポイントを探りながら戻り最後のポイントで「風もだいぶ吹いたからそろそろ・・・」と私は言っているのですが、他の人たちからはまったく無視され、それから30分ほどやってさらに風も強まったのでもう一度「もう上がるよ!!!」と言ってもまたも無視!
 でもさすがに強風になっていたので、強制的に釣行を終了しました。


釣  果

 チーバス:4〜5尾くらい。


勝手な感想

 さすがに今回の釣行は無謀といった感じになってしまいました・・・
 次回からはやはりそれなりのプランを立ててから出船しなければ魚は釣れないんだなぁ〜と実感させられる釣行でした。
 でも大体年に1〜2回はこのような釣行をしてしまいます・・・平均的に出ていればそれなりに魚の顔は見ることが出来るのですが、やはり間が開いてしまうと今回のような釣行になってしまうものです。
 他の人のサイトや自分の過去の釣行記を見てプランを立てるように今後は心がけます。
 今回参加のみなさんこれに懲りずまた行きましょう!!!!! ^^)/