釣行日

2008/10/26

フィールド

相模湾

葉山あぶずる港 愛正丸

天候・波

朝のうちベタ凪に近いくらいでしたが、突然吹き始めてしまい早上がりになるほどでした。

ターゲット

ワラサ?・イナダ・カンパチ

メンバー

トモさん・池田君・管理人。

中潮


 今回も先々週のリベンジを兼ねて相模湾のライトジギングでイナダを狙いに行ってきました。
 ここ最近毎週のように通っているトモさんと池田君、さらにトモさんは前日にも横浜で乗っといたらしいのですがダメだったようで、今日こそはと言う勢いで4時前には港へ到着し、場所取りをしていました。
 この日は私達以外に2名のルアーマンが乗ると言う事で出船までまっていると、船の上はどんどん人が増え始め気が付けば片舷10名強の満船での出船になりました。

 ポイントは先々週と同様秋谷沖なので航行約10分〜15分くらいでとりあえず35mくらいから始める事に・・・すると辺り一面イワシの群れ!!!
w(゜ー゜;)wワオッ!!これは期待出来ると思い早速開始しました。
 本来なら開始数投で反応があると思われたのですが、思いの他反応が悪くバイトがありません・・・
 何かが触っている様子はあったのですがわからないままでいると池田君が「わかりました!!!」

 うれしそうに巻き上げてくるとちょっと首を傾げながら「エソかも・・・」C= (-。- ) フゥーと不満げに・・・エソではなかったですが、30cm弱のカマスでした。
 仕方なくスローのワンピッチでカマスを狙うと当たり前のようにヒット、「このカマスがベイトなくらいのが来てもいいのに!!!」とちょっと凹んでいました。

 その後は移動すると、エサ釣りの方は少し当たりがあるようでしたが、ルアーの方はあまりパッとしない状態だったのですがなんと私にヒット!!!
 私のジグは以外にシャウトが多く、今回は初めて使うライテンの70gでルアーでは船中最初のイナダをキャッチ!!!!!
 出船直後の池田君はシャウトはイマイチ・・・と言っていたのですが、少しは見直したかも・・・(o ̄ー ̄o) ムフフ

 このあと釣れ続くと期待してはいたのですが単発で終了・・・ここからが試練の始まりで移動を繰り返すもノーバイト・・・同船者に2本の追加はあったのですがまったくダメ・・・
 トモさんに1回待望のバイトがあったのですが、フックキングが甘かったのか食い込みが浅かったのかすぐにバレてしまいました。
 この日は他船のルアー人気が高いらしくミヨシでは結構ロッドをシャクっている人の姿が多く見られ、負けじとシャクっては見たものの人の取り込みシーンは見れても自分達の取り込みが見れず・・・

  そしてさらに試練は続き沖の方で少し風が吹き始めたと思うとあっという間に白波が立ち始め終いには船首が刺さり頭から被ってしまいさすがに私は折れてしまいました。
 でもそんな中でこの日最長サイズがあがり「食いあげたからおかしいと思った。」とまたも凹まされてました。。。
  さすがにあの波風の中でヒットしてこれじゃあねぇ〜・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)

 そして時間はまだ10時半を回った辺りなのですが、船頭さんから「風が凄いので残念ですが上がりましょう。」と言う事で11時前に早上がりとなってしまいました。
 う〜ん残念・・・何とか先々週のリベンジを果たしたかったのに・・・。

 そしてここから第2ラウンドの開始!!!

 港でトモさんがオキアミを付けてチヌの稚魚を狙って釣り糸をたらしたのですが、結局海タナゴ2尾と私が1尾釣り、近くにいた子供たちが喜びながら海へ返してあげていました。


釣  果

 イナダは壊滅的な貧果で1尾。・・・同船者が2本獲ってました。
 他にはカマスが4尾としっかりと釣り上げたイワシ1尾でした。


勝手な感想

 先週も乗っている2人からはかなり良い状況と聞いていたので、今回こそはリベンジ出来るかと期待したのですが、そんなに甘くは無かったです・・・
☆=>=>=>(+_+。) ガーン
 でも確実に言える事は、明らかにルアーへの反応は悪くなっていました。
 水温が下がったとも言っていましたが、もう少しチップくらいはあるのかと思っていたのですが、チップすら無かったです・・・
 これがワラサやブリになればもっと反応が悪くなるのかと思うと、ジギングは難しい釣りなんだと実感出来ました。
 同船者の方始めて愛正丸に乗られたそうですがお疲れ様でした。これに懲りずにまた一緒に乗りましょ!!!O(≧▽≦)O ↑←まぁ見ていればですが・・・