釣行日

2008/10/12

フィールド

相模湾

葉山あぶずる港 まさみ丸

天候・波

朝のうち風邪強く途中から収まり、気が付けばTシャツ1枚でした。

ターゲット

ワラサ?・イナダ・カンパチ

メンバー

鶴蔵さん・トモさん・池田君・管理人。

大潮


 今回の釣行はかなり久しぶりなので体力的にも楽と思われるライトジギングでイナダを狙いに行ってきました。
 先週も乗っている2人は早々と船上で準備をしていて私とtomoさんは出船の30分前くらいにやっと到着・・・準備が終わるか終わらないかの状態で定刻通り出船しました。
 ポイントまでは非常に近く大体20分程で到着し、船頭さんも早速魚探とにらめっこを開始。
 そして程なく「はぁ〜い、いいよぉ〜」と船長の合図。

 ジギングと言うか釣りをする人なら誰でもわかると思いますが、朝の一投目は気持ちがこもります!
 しかしルアーは全員ノーバイト・・・でも二投目に池田君にバイト!!!
 最初は引きが弱く「そんなでも無いかも・・・」なんて話していると、残り数メーターのところからいきなり走り出し船頭も「ワラサだよ!!!」と興奮しながら無事ランディングし見事ワラサをキャッチ。
 陸計測は3.9kgワラサでした。キャーゞ(^o^ゝ)≡(/^ー^)/"""パチパチ

 この勢いに乗ろうと必死のシャクリをしたのですが、池田君にもう一本イナダがヒットして朝はとまってしまいました・・・
 池田君は「やったぁ〜これで今日の目標は後カンパチだけだ!!!」と満面の笑みで言ってました(>_<)

 朝は移動をするとそれなりにバイトはあり、明暗がはっきりし始め何かが原因で当たるのは池田君と鶴蔵さんだけ・・・
 共通しているのはベイトタックル・・・でももう1人ベイトタックルの人は当たらず原因の究明が出来ないまま、結構時間が経ち何とか答えを見つけようと必死に考えたのですが・・・
 幾つか思いつきはしたのですが、本当の答えかどうかは不明・・・
 ←←←たぶんこの会話の通りかと・・・(`Д´) ムキー!

 そして中盤になり風もだいぶ収まり始めた頃、最後のベイトタックルのtomoさんにもヒットし「これで相模湾のイナダは解除ですね!」と私1人残されるハメに・・・
 ここら辺でひとつわかっていた事はベイトタックルの巻きスピードとアクションだとは思ったのですが、この時点ではどうにも出来ないので別の原因と思われるフックをとりあえず代用品のタコベイト付きに代えしばらくすると私にも待望のバイト!

 でもバイトの瞬間明らかにフッキングが浅いと思ったときにはもう遅くバレてしまいました・・・
 とりあえずここで私の中では今日の釣行はお手上げ!?とほぼ諦めムードではあったのですが、やはり釣りバカなのかそれでも諦めずにしぶとくいろいろと試し終了間際の13時頃、この日最大のクライマックスが始まりました。

 船頭さんの「うわぁ〜すっげ〜いい反応!」の一言で船をとめて始めるとtomoさんに即バイト!!!
 このバイトを皮切りにルアーへいきなりの反応を示し、とりあえず3人同時ヒットしエサ釣りの人たちも当たり始めのフィーバータイムが始まり私も水面まで魚を寄せて引き抜こうとしたのですが、ここでもバラシ・・・解除ならず。
 後から来たどこかの船はかわいそうな状況でした。

 でも当たり方が明らかにルアーへの反応も良かったので、すぐに投入し今度はしっかりフッキングし、やっと相模湾のイナダを解除できましたp(>_<)q
 ここからは何でもあり状態で、この日のダメだと思われる原因をすべて帳消しにするほどでした。
 後から来たミヨシでルアーをシャクっている船は残念な事にバイトすらない様子で、私達を見真似て最初はスピニングタックルだったのに、気が付いたら全員ベイトタックルになってましたヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノ
 そして13時50分頃にこの日の釣行を終了で、非常に良い終わり方が出来ました。


釣  果

 池田君のワラサ1尾を含みイナダ多数。
 私は3・4本でした…llllll(-_-;)llllll


勝手な感想

 私はエサ釣りで数回、シイラ釣行でも数回相模湾は来ているのですが、イナダはこの日始めて釣り上げることが出来ました。
 エサ釣りではイナダは来ているのですが、外道ばかりで本命は釣れていなかったので、本当の意味で「相模湾のイナダを解除。」出来ました。
 いろいろなところでイナダは釣ったことはあるのですが、相模湾のイナダが一番難しいかも・・・東京湾は比較的濁りが多く釣りやすいかなぁ〜と私個人的には思うのですが、相模湾は水が澄みすぎてルアーのカラーに悩まされます。
 今後またやるかどうかわからないのですが、そのときにはこの原因と思われる部分を解決して望みたいと思う釣行になりました。