釣行日

2008/03/15

フィールド

東京湾

プレジャー

天候・波

予報ほど風もなく釣り易いくらいでした。

ターゲット

シーバス

メンバー

安彦さん・神谷やん・つるたさん・tomoiさん・管理人。


 今回は完全にバチパターンと勝手に決めつけ運河筋のバースを丹念に探っていく予定で、19:30に集合し、20時には出船しました。
 予報では夕方からは風がかなり収まる予報だったのですが、出船時間になってもあまり風は収まらず・・・まぁ風裏でやっていればとのんきに構え始める事にしました。
 最初は移動途中でボイルを発見したのでボートを止めてキャストを開始すると・・・魚は居るような気はするのですがノーバイト・・・

  しばし探るも状況はあまり良くないので次へ行くと待望のバイト!!!
 でも最初はメバルで「今度はシーバスを釣ってください!!!」とちょっと挑発したら以外にあっさりとボートで初のシーバスをキャッチしました。
 ( ̄ヘ ̄)ウーン・・・さすがって感じでした!!!

 そして安彦さんにも何とか・・・と思っていると「バイトがありました!!!」と話しているとすぐにヒット!!!
 でもこちらも最初はメバルでした。
 この日は前日の大雨の影響があるらしくかなりの悪コンディション・・・予定していた場所でかなり遊べると思っていたのですが、ダメそうなのでちょっと大きく移動してタンカー付近へ行くと鳥がチラホラ・・・もしかしたらと思い際を通してもらうと即バイト!

 最初はフッキングできなかったもののすぐにヒットして今度は見事にキャッチ!!!
 安彦さんもボート初のシーバスをキャッチし満面の笑み(^^)
 まぁ私が一番ホッとしましたC= (-。- ) フゥー
 状況が良くないのでしばらくはここで遊んでもらい、沖のバースを探る事に・・・新設から探るとtomoiさんに1尾でボイルが確認出来たにもかかわらず数バイトのみ・・・

 そのままNKへ移動するとかなり遠くからでも分かる程夜の鳥山(o ̄ー ̄o)
 「何投げても釣れますよ!」と一声かけ、そこからは1キャスト1バイトを堪能してもらい、約1時間半くらい釣れっ放し状態で全員同時ヒットや最大70弱まで出ました。
 ベイトはタチウオの稚魚?見たいなのでした。

 結局ここで最後まで釣れ続き、サイズも45cm前後しか釣れないしキリがないので、サイズを求め帰り際のバースを探りながら帰港したのですが、50cm強が1尾と小さいのが数尾しか追加することが出来ずこの日の釣行を終了しました。


釣  果

 35cm〜70cm弱シーバスを全員で数えられないくらい。
 他メバル2尾。


勝手な感想

 今回は私のビリヤード仲間と釣行を共にしたのですが、さすがにオカッパリでやっているだけあってキャストもうまいし魚とのやり取りも安心して見ていられました。
 そして何より沖のバースに魚がいっぱい居て良かったですC= (-。- ) フゥー
 贅沢を言えば魚のサイズがもう少し良ければと思うのですが、そこはちょっと難しいのでご勘弁。
 本来ならばこの時期は運河内のテクニカルな明暗を探るバチパターンのはずなのに、今年は見事にハズシまくりです・・・もう数回行ってちゃんとつりたいと感じた釣行でした。
 参加のみなさんお疲れ様でした。そしてまた一緒に行きましょう!