釣行日

2007/09/25

フィールド

東京湾

プレジャー

天候・波

予報ではベタ凪のはずが・・・。

ターゲット

シーバス

メンバー

tomoiさん・管理人。


 今回は急遽前日遠方から帰宅し熱の冷めない人がいたのと、私自身も行きたかったので半強制的にシーバス釣行へ行ってきました。
 予報ではほぼ無風のベタ凪だったので、私も余裕で釣りが出来ると思いながら桟橋へ向かうと以外に風があることと、まだ台風のゴミが結構あることに驚きながら14:30頃出船しました。

 今釣行の目的でもあるオリジナルジグを試したく最近釣れているというジグのポイントへ直行し始めるといきなりヒットしたのですが、残念な事にラインブレイク・・・でも「当たったねぇ〜」と2人してちょっとびっくりしすぐに付け替え再チャレンジすると結構すぐにヒット、今度はちょっと慎重に取り込み無事キャッチ出来ました。
 サイズは測りませんでしたがその後にもう1尾キャッチし両方とも60cm弱となかなかのサイズ、しかも体高もあり引きも強く秋らしいシーバスでした。

 そして沖側と言うのもあり少し風を避けようと言う事で移動を繰り返すもあたりが遠のいてしまい、しばらくの間夕マズメの鳥を観察しながら待っていたのですが鳥山は不発・・・仕方が無いので、tomoiさんの要望もありシャローでのトップゲームをしばしやる事にしたのですが、魚探にはそれなりにいい感じの反応が出ていて何時釣れてもおかしくないようにも見えるのですが、ルアーへの反応が無くしまいには「楽しいぃ?」と私は聞いてしまうほどなのですが、その答えは満面の笑みで「楽しいぃ!!!」と帰ってきました。
 その後もしばらくトップゲームを楽しんでもらい暗くなり風向きも変わったのでちょっと沖側を探るも撃沈し、運河内のナイトゲームへ突入。

 平日というのもあってか運河内は大きな船は多いのですが、作業をしているのが殆どで以外に出来るところは少なく出来るところから始めると、魚は居るのですが小さいらしくハイペースでの移動。
 私は過去一度も釣れた事の無いポイントに近づくとなんだか釣れそうな予感がしたので、ちょっとだけやって見るといきなりヒット!小さいながらも結構な引き味との事。
 ここでプチ入れ食いな感じなのでしばし遊んでもらいました。

 そして私のロッドは未だ魂を注入していなかったので、ここなら何とか魂の注入が出来ると思いキャストすると即バイトしサイズにはかなり不満はあるのですが、釣行2回目にしてやっと魂の注入を完了する事が出来ました。
 その後もそこそこはヒットもあるのですがサイズが小さく悩んでいると作業中のタグボートにライトを照らされ気分的にもイヤだったので帰港方面のポイントへ・・・

 風がかなり吹いていてそのまま帰港しようかとも考えたのですが、かなり遠目からでもボイルしているのが見える程だったので、つい素通り出来ず立ち寄るとかなり小さいサイズでショートバイトはあるもののヒットまでは至らないので、最近定番になりつつあるポイントでちょっと遊びこの日の釣行を終了しました。


釣  果

 いいサイズの数はあまり出ませんでしたがそれなりの釣果はありました。
 たぶん最大60cm弱から20cm?くらいまでを10尾くらいかなぁ〜


勝手な感想

 今回はジグを試す事が出来たのと、特別納得の行く釣果は得られないかった割には以外に楽しい釣行になりました。
 なんとかトップでの釣果を得たかった面は否めないのですが、まぁ一応時期がちょっと早かったと言う事で、次回以降に期待しつつ今回は終了できたので良かったです。