釣行日

2007/09/14

フィールド

東京湾

プレジャー

天候・波

風が強い割にはそれなりの釣りはできました。

ターゲット

シーバス

メンバー

つるたさん・Dr.Kさん・管理人。


 今回は久しぶりのナイトシーバスなのですが、先週の台風の影響でかなり土砂が流れ込み航路がだいぶ埋まっていると言う情報があったので、ちょっと慎重に1時間程早めの出船予定で20:30に出船しました。
 とりあえず帰りは潮位の関係上3:00までは確実に釣行をしていなければならない過酷な状況の中、翌日入れ替わりでTSCのプラを予定しているsawaさんから電話があり、前日のナイト情報を入手、本来ならばナイトの定番である沖のバース周りへ行こうと考えていたのですが・・・まぁ時間はたっぷりとあるので私なりのプランを考えつつ、航路を確かめながら沖のバース方面へ行きました。

 最初のポイントは先週Dr.Kさんが78cmのグッドサイズをキャッチしているところなので、同じように探ってもらうもライズが1回とバイトはあったようですがヒットまでは至らず・・・沖のバースへ向かい端から叩く事にしたのですが、ここではショートバイトはあるもののヒットまで持ち込めずいろいろと試しては見たのですが、諦めてまたも移動で橋脚の周りやタンカー周りを淡々とあまり期待をしない程度に探りながら運河内へ。

 とりあえず運河の端からやるつもりだったので、横浜の端まで行き探るもまったくのノーバイト・・・小さなバースや明暗のある箇所を隈なく探るもやはりダメ・・・運良くなのか大きなタンカーが着いていてそこの明暗が見えたのでとりあえず実績のあるポイントでもあったので、キャストしてもらうとつるたさんに待望のヒット。
 魚体が見えたときにかなりなサイズので慎重に取り込んでもらうとなんと76cmのグッドサイズ!

 後に続いてもらおうとDr.Kさんにもキャストを続けてもらったのですが、外側ではその1尾のみ・・・内側への入り際でピックアップ寸前にDr.Kさんにヒット!これもなかなかで55cm前後のいいサイズ、何とかボーズを逃れる事が出来一安心しているとつるたさんが「1回くらいマメでもいいから入れ食いが欲しいなぁ〜」と言われたので、つるたさんはあまり好きではないとは言われたのですが排水周りへ行きプチ入れ食いをしてもらいました。

 時間はまだ1:00を回ったばかり・・・半分以上叩いてしまったので悩みながら数箇所探り、私的に帰り際の2箇所で1時間半くらいは何とかなるかな〜と思いながら後1時間を必死で探り、帰り際の1箇所目でつるたさんがそれなりのサイズを船縁までは寄せたのですが・・・オートリリース。

 あとは小さいシーバスを数尾キャッチし本当の最後のポイントへ行くと遠目からでもライズしているのが見えるほどなのですが、魚が本当に小さくミノーでは乗らないのでジグヘッドを使ってパターンを見出してもらう為の釣りを気が付けば1時間程夢中になってもらい、本日の釣行を終了する事にしました。


釣  果

 つるたさん:シーバス76cm1尾。
 Dr.Kさん:シーバス55cm前後1尾。
 その他チーバス数尾づつでした。


勝手な感想

 今回の釣行は久しぶりのナイトだったので、予想をはるかに超える厳しさでした。
 自分の中では沖面へ行って1キャスト1バイトくらいの調子で考えていたのですが甘かったです・・・
 まぁ台風の影響もかなりあったとは思うのですがそれは自然の力なので素直に汲み取り、それにあわせた釣りをしたって感じになってしまいました。
 本日は深夜と翌朝の続けて2回出船と言う過酷な状況が待ち受けていて、第1便は惨敗でした・・・
 何とか乗っていた人たちがシーバス慣れしていたお掛けでこれだけの釣果は出たと思うのですが、本当に厳しいナイト便でした。
 そして釣れない中お疲れ様でした。