釣行日

2007/08/13

フィールド

相模湾

葉山鐙摺(あぶずり)港 まさみ丸

天候・波

朝のうち雨がパラつくが釣行時は無風状態で逆に辛かった・・・

ターゲット

シイラ

メンバー

つるたさん・ともいさん・管理人。


 今回は真夏の釣りの代名詞と言えるシイラ釣行をしたくて前日の朝に掲示板へお誘いをかけたところ、お昼には連絡が来て「行く?」と即反応してくれたので、今回釣行を友にしたともいさんのお知り合い船で、私にとっては初のシイラ乗合いへ行って来ました。

 乗合船と言う事で朝は門の開く前から船の前にクーラーを置きミヨシを確保し出船時間の6:00まではのんびりと待ち、時間が来たのでいざ出船となったのですが朝のうちは雨も少しパラついていたので雲が厚く、ちょっと涼しい思い?をしながら港を離れたのですが、最近は本当に近場で釣れると言う情報は聞いていたのでどれくらい近いのかなぁ〜なんて思っていると港から本当に近い10分くらいのところの潮目でスローダウン・・・

 いきなり船頭さんの合図でこんな近く?と思う程なのですが魚は確実に居る様子で船中いきなりお祭りが始まり、ました。
 でもあがった魚のサイズを見て見るとかなり小さいのでたまにいるであろう大きなサイズを探しつつキャストしてはいたのですが殆どの人たちは釣り上げた様子なので沖を目指し再び走り始めました。
 魚は結構いる様子で跳ねも見えるので乗合船ということもありお客さんに魚を釣らせるを含めて拾い釣りをしながら西へ向かう事に・・・

 私は今年初なので情報だけだったのですが、話ではシイラのナブラもあるけどキメジ・カツオのナブラが結構多いとの話でどうなのかなぁ〜と思っていたのですが、本当にそうらしく結構すぐに鳥山を発見したので急行しボイルしているのを見るとキメジやカツオでジグを投げていた人に本鰹がヒットしそれをすぐにつるたさんにもヒットしたのですが魚が見える前に残念ながらフックオフ・・・たぶんキメジじゃないか?と言ってました。

 この日はこのような鳥山を追いかけての繰り返しでが結構出来る様子で数回の鳥山を追い掛け回していると、今度はともいさんにヒット!結構いい引きを見せながらやり取りをしあがってきたのはなんと、4.2kgのキメジで本人はキメジ初ゲットだそうです。

 気分を良くしまた次のナブラを探しながらしばらくは走り気が付けば湾口方面でしたが、水色が凄く良くいかにも黒潮がといった感じでした。
 そしてまた鳥山を発見しキャストしていると今度はキメジ・カツオ・シイラのナブラに遭遇し、今度は私のルアーにもヒットし見た感じでは今日一のサイズなのでちょっと気合を入れようと思ったとたんに痛恨のフックオフ・・・

 私的にはかなり悔やまれるところなのですが、あまりにもこの日はキメジ・カツオが目についていたのでシイラのバラシはさほどでは無いかなぁ〜なんて思いながら新しい鳥山探しをしました。
 でもさっきまでは以外にあっけなく見つける事の出来たナブラが今度はなかなか見つける事が出来ず1時間以上もクルージングをする羽目に・・・時間も12:00を回りつるたさんも「サメ付きでも出てくれればなぁ〜」と言い出しちょっと諦めムードも漂い始めました。

 ちょっとした流れ藻があるだけで魚が留まれる様な漂流物の無い海上ではちょっと難しく思える状況になってしまい港への方面で魚を探しながら戻る事になりました。
 そして港付近にに戻ってきてから小さなナブラはあるものの何の魚がわからない状況で、本当の最後に朝港近くで遊んだあたりで小さなシイラと少し戯れつるたさんとともいさん2人はシイラを最後にキャッチし、結局私はノーフィッシュで終了することになりました。


釣  果

 ともいさん:キメジ 4.2kg-1尾。
 その他ペンペン。。。


勝手な感想

 今回は私にとってシイラの乗り合いは初だったのでいろいろと懸念していた部分があり心配していたのですが、まぁ何とか無事に終わりました。
 今まで仕立てばかりで楽をしていたんだなぁ〜と言うのも実感出来ました。
 でも一番気になった点をどうしても書きたいと思いますので、もしこの日に同船していた方達がいてここの部分を読んでいただけるのであれば、ぜひ考え直してください!!!
 それはまず、魚を探してください!!!です。
 シイラを釣りに来ているのにミヨシで寝ているとはどういうことですか?
 今の状況では船頭さんに釣らせてもらっただと思いますよ!出来ればシイラ釣りなので自分で釣ったと思える釣りをしましょ!