釣行日

2007/07/07

フィールド

東京湾

プレジャー

天候・波

予報よりもちょっと風は吹くものの釣りにはさほど影響なかった。

ターゲット

シーバス

メンバー

sawaさん・私。


 今回は翌日に本戦を控えプラへ行きたいとの事で、sawaさんから連絡をもらい私としても海の状況を確認しておきたいのもあり行く事にしたのですが、肝心の謙三さんはというとシイラのチャーターが入っているらしく前々日までにそれなりのプラ?をしたとの事で2人でプラに出かけてきました。

 一応TSCに合わせて6:00に出船し、ここ最近のパターンを踏まえた上でプランを立てとりあえず朝マズメは河口付近で鳥山が立つとの事で河口付近へ向いました、鳥山は私も楽しみにしていたので前日に友井さんのところへ無理やり押しかけペンシル系のルアーを無理やり2つも強奪( ̄ー+ ̄)鳥山に備えたのですが・・・鳥は結構飛んでいるものの固まらず・・・ときどき刺すもののやはり・・・......
 写真のルアーの使用は次回に持ち越しになりました(T_T)

 まぁ気を取り直しそのままsawaさんのプランどおり各所を転々と回る事にしたのですが、思いの他風が吹き始めちょっと遠くのポイントは断念しようかとも考えたのですが、他に回るところもないということで行くだけは行こうということで向かう事にしました、ポイントへ到着し数投すると「当たった?!」とsawaさん「ガツンって来た?!根かなぁ〜?!」なんて会話をしていると、遠くの方から見覚えのあるボートが近づいてきて何を言うのかと思えば「もうここの魚は釣りきっちゃったよ!」と第3戦の優勝コンビが捨てゼリフ台詞を残し去って行き私たちはちょっと他も見てから戻る事に・・・

 そして戻った先にもまた同じコンビに会いそして同じセリフを残していきました。
 まぁ状況は明るい兆しも見えないままでいつものバース方面へ戻る途中にどうしてもさんふらわあ号を写真に収めておきたかったのでザブザブの中1枚撮りいつものバースへ・・・ここではあまりありえないお客さんの登場で、東京湾ってスゴい!!!と思えるなんとイカがバースで釣り上がりました。(ノ゜凵K)

 しかも自分の体とほぼ同じ大きさのジグにしっかりと抱きついていて、そのあたりを感じて合わせたsawaさんにもびっくりで驚きだらけでした。
 それにしても水質が悪くまるでサビが混ざっているかのような赤茶けた水の色をしていて、そんな中でも魚は生きていけるんだろうか?と考えていると見覚えのある船が近づいて来てよく見ると久々の佐川君が乗っていました。

 帰港後佐川君から電話があったのでちょっと状況を聞いてみたのですが、やはりどこもダメだったようでしたが、さすがはプレアデス艇らしくあの状況の中3人で計10本程はキャッチ出来ていたそうです。♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
 私たちもその後は1尾姿を見る事が出来た程度で数箇所回ったのですが、撃沈状態でプラを終了する事にし帰港しました。


釣  果

 イカのみ!!!


勝手な感想

 今回はとにかく水質が悪すぎでした。
 まぁ毎年夏付近には今日のような赤潮や青潮などの水質があるのですが、私は毎年この時期はもっと外の海に出てしまうので気にもしていませんでした。
 でも東京湾というところは魚種も豊富で釣りは1年中楽しめるので、これに懲りずにまた行きたいと思います。
 そしてまたも調査の結果は異常なし!でしたが、明日の大会は頑張って!!!としか言いようのない状況でした。